ミュージックライブ 出演者

CHAN’S COACH​ (チャンズ・コーチ)

CHIKO(チコ)—— ボーカル

父はアフリカ人ミュージシャンのB.B.モフラン。母は富山県魚津市出身の人形作家、松本昌子。 

高校卒業後、音楽学校メーザーハウス、ヴォーカル科でCHAKA(元PSY・S)の指導を受ける。

父の母国コンゴ民主共和国に伝わる民謡などをベースにしたアフリカ音楽を中心に、ジャズ、ソウルなどのピアノの弾き語りで活動をはじめ、富山県内はもちろん県外でもコンサート活動を行い、パワフルな歌声で多くの人を魅了し続けている。

また歌手活動以外にも、富山に暮らす外国人に向けて「暮らしやすい富山」のセミナーを開催するなど、日本とアフリカの架け橋になりたいという思いで、国際交流イベントも積極的に企画している。

林 真信 (はやし・まさのぶ)—— ギター

富山県出身。10歳頃より、家にあったクラシックギターを弾き始める。

中学でのバンド活動をきっかけに様々なジャンルに取り組み、地元ライブハウス、クラブ等で演奏活動をしている。

1996年に上京。首都圏を拠点に活動後、現在は北陸を中心にロック、ジャズ、フュージョン、ポップス、ブラジル、ラテンetc…ジャンルを超えて活躍中。持ち前のセンスとグルーヴで、鮮やかなインプロビゼーションやリズムをロック魂で届ける。

武田 悟(たけだ・さとる)—— ウッドベース

同志社大学在学中に「ザ・サードハードオーケストラ」に所属し、ジャズ、フュージョンに傾倒。

ウッドベースを始める。卒業後は富山に帰郷し、様々なジャンルにおいて活動。

近年は後進の育成にも力を注いでいる。

主な共演者は、マイク・スターン、渡辺貞夫、渡辺香津美、佐山雅弘など。

桑原晶子(くわはら・あきこ)—— ピアノ、キーボード

富山生まれ、富山育ち。

幼少よりクラシックピアノを学び、大学卒業後にジャズを始める。ビッグバンドやディキシーランドジャズなど様々なスタイルでの演奏の他に、和太鼓や二胡などの楽器とのコラボ、ゴスペルやミュージカルの伴奏ピアニストとしても精力的に活動を行う。

2012年より、富山市民文化事業団主催のミュージカルシリーズに、オーケストラのピアニストとして毎年出演。2013年夏には東京芸術劇場にてミュージカル『Hello, Dolly!』6回公演出演。2015〜18年「友井賢太郎 スイングしようぜ!!」にゲスト出演。

矢地真也(やち・しんや)—— ドラム、パーカッション

石川県出身。高校時代よりドラムを叩きはじめ、卒業後に渡米。ボストンのバークリー音楽大学に学び、本場アメリカの空気の中でRod MorgensteinやKenwood Dennardに師事。ドラムについて徹底的に学ぶ。

帰国後は、その派手なドラミングと、タイトで小気味良いグルーヴで「魅せるドラマー」として東京、北陸のミュージシャンと数々のセッション、レコーディングをこなす。同時にドラム講師としてのキャリアも開始。後進の指導も熱心に行う。

またレコーディングエンジニア、音響エンジニア、デザイナーとして、多くのミュージシャン、バンド等のレコーディング、CD制作やデザイン等を担当。

近年ではアレンジャー「矢野まみ」として、ミュージカルやご当地アイドル、CMへの楽曲提供をはじめ、パーカッション奏者としても幅広いジャンルでミュージシャンを支えている。

Herart & Beer 日本海倶楽部 BEER FESTA 2019

日時:2019年6月9日(日)10:00〜17:00

​会場:Heart & Beer 日本海倶楽部ビアパーク

   〒927-0605 石川県鳳珠郡能登町立壁92

​お問い合わせ:日本海倶楽部

©️ NIHONKAI CLUB 20th ANNIVERSARY BEER FESTA 2019

Facebookでも情報をリアルタイムでお知らせいたします。

​〈いいね〉よろしくお願いします!